トモ部屋の多肉たち~第3話「新たなる旅立ち」

前回までのあらすじ

トモ「このメンバーでのプロジェクトは今日で終わりだ。」

虹の玉「イヤァァァ!!和室の窓辺に戻るのはイヤァァァ!!」

このまま終わるなんて私、嫌だよ‼



第3話「新たなる旅立ち」



トモ「人の話は最後まで聞くものだ。報告は、2つあると言ったぞ。」



ルビーネックレス「一体、どんな話なのかしら?解散より酷い話じゃなければ良いのですけれど。」

トモ「…。」

トモは皆を一瞥し、ニヤリと笑う。

そして。

トモ「大工の皆さん!よろしくお願いします!!!」

大工の方々『合点承知!!』

【アイドル】たち『!???』


いかつい大工のおじさまたちが彼女達を押し退けて所狭しとトンカチ、金づち、げんのうを振りかざす!!

まるで美しい舞いを見ているかのような大工のおじさま方の無駄のない所作。

流れるように板を合わせ、釘を打つ。

その音は、小気味良いリズムを刻む。


大工の方々『へいらっしゃい!!』


あっという間の出来事だった。

今まで彼女達がいた場所は

何ということでしょう


狭かった多肉【アイドル】達のレッスンルームは、4階建てに大変身。

匠は依頼者の要望に応え、低予算ながらも
充分な日当たりを確保し、より多くの【アイドル】がレッスンを受けられるようにしたのである。


トモ「大工の皆さんありがとう‼」

大工の方々『らっしゃい!!』


嵐のように現れて、嵐のように去っていった大工の皆さんを
彼女達は呆然と眺めていた

トモ「どうだ!!」ドヤぁ✨

この一言で我にかえる。


アメジスチヌム「どうだ、とそんなドヤ顔で言われても…一体何がどういう事かさっぱりで…」

トモ「ふっふっふ。」

【アイドル】達の驚いた顔に大変満足したらしいトモはパチンと指をならすと、
トモ部屋のドアが開いて、彼女達にとって懐かしい顔が次々姿を見せた。





和室の多肉達『これからよろしくお願いします!!!』

かつて、屋外サバイバル生活を共にし、
秋の深まりとともに和室に収容された仲間達だった。

一方はプロジェクト参加。
そして残されたものたちは和室の窓際。

運命は彼女達に別々の道を示した。

プロジェクトに参加したいわゆる選ばれた多肉たちは【アイドル】となり

和室に残る多肉たちは、ひっそりと体を長くして暖かい春を待つことになる。

そんな和室組をプロジェクトのメンバーたちは、
心のなかで案じていたのだ。

この再会は互いにとって嬉しいものとなった。

トモ「これからは、彼女らも一緒に【アイドル】としての生活を送ってもらう。
プロジェクトの拡大だ!!」

思いがけない宣言に色めきたち、それぞれが喜び合った。






アメジスチヌム「あの、トモさん。解散じゃなかったんですか?」

トモ「私はこのメンバーでのプロジェクトは今日で終わりだと言っただけで、
『解散』とは一言も言っていないんだが。」


桜月「じゃあ、私たち、勝手に勘違いしてたの!?」

トモ「まったく、早とちりもいいところだ。」

桜月「大騒ぎしちゃって恥ずかしいです~‼」


プリンセスパール「ふ、ふん!わたくしは何となくそんな気がしてましたわよ‼」

トモ「これから大所帯になって賑やかになるだろうが、おそらく問題も出てくるだろう。
君たちには更に気を引き閉めて来るべき紅葉【デビュー】に向けて邁進していって欲しい。
私からは以上だ。」



【アイドル】達「はいっ!!私たち、頑張ります!!」


彼女達の輝く笑顔を背に、トモは部屋を後にしたのだった。

必ず全員、【デビュー】させてみせると固く心に誓ってーーー。





『新しい仲間との新しい生活。
レッスンは厳しいけどワクワクドキドキが止まらない‼
美多肉目指してレッスンレッスン♪

次回トモ部屋の多肉たち
第4話地獄のレッスン三千本ノック!!!受けられなければお仕置きよ‼
お楽しみにね!』
※この次回予告はフィクションです。




にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

またまたアホな小話にお付き合いありがとうございましたー(笑)

是非またお越しいただけると嬉しいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは〜(*^◯^*)
朝、2話読んで釘付けになっちゃいましたww
会社の昼休みにパソコンのぞいたら3話がアップされてて〜
いや〜ん❤️
感動モノじゃないですかぁ〜💕
トモさんの多肉愛が伝わってきて
涙なしでは見れませんよ〜‼️
匠の存在が気になりますね(笑)
手際が良いのと、完成度の高さ✨
棚と棚の間隔は、広すぎても
無駄になるし、狭いと陽にあたらなくなるし背の高い子には窮屈だし。
計算に計算を重ねた設計ですね(笑)
ナイス匠です(*^^*)

No title

ワオ!第3話がうpされてるー!!!
ふむふむ。そう来たか。
これで全員集合できた訳だね!

匠の手早い仕事捌きでこんな素敵なレッスン場が完成するなんて!
いいなぁー窓辺の多肉棚(〃艸〃)
うちのマンション古すぎて、窓の結露で窓凍るからなぁ・・・( ;∀;)
さすがに凍る窓辺に多肉は置けないでしょう(笑)

No title

おぉ!第2話を読んで続きはどうなっちゃうの??ってハラハラしてたら
まさかの全員集合だったんですね^^
感動しました〜(*´∇`*)
みんな紅葉デビューできるといいですね♪♪

匠の仕事っぷりカッコイイですね^^
窓辺に多肉棚って羨ましい(*^^*)
うちは部屋が狭いので置けないなぁ。。
お部屋で多肉を好きなときに好きなだけ眺められるって
最高ですねo(*^▽^*)o

No title

なんてこった!まさかこんな展開になるなんて…
トモさん、いったい何者なんだ!?
いつの間にこんなステキな多肉棚を??(作ったのは大工さん?)
私とモンハンで廃人まっしぐらコースを進んでいるとばかり思っていたのに(笑)

いや〜、しかし違う道を歩むかと思っていた旧友とまた一緒にがんばれるなんて
泣けるー!ええ話や〜・゜・(ノД`)
どれどれお楽しみの第4話予告は…
…えっ!?まさかのスポ根路線なのっ??(笑)
こりゃあ次回も絶対見逃せないぜ!!(`・ω・´)”

No title

プロジェクト成功祈ります!
その成功を確認したのち、私も窓辺に・・・・
と思ったのですが、我が家の窓の下には
セントラルのパネルがあるので ダメかもなぁ~
我が家のプロジェクトは断念することに・・・

第4話 地獄のレッスン楽しみにしてます^^

Re:yoooook☆さん

多肉愛伝わりましたか!(笑)
昔っから作文苦手なので、もう愛だけ伝わればいいやって思ってましたので嬉しいです✌
匠は一時間かからずに棚を完成させてくれましたよ~(笑)
隙間はちょっと狭かったかなと思ってたんですが、今のところ問題なく部屋にもちゃんと日光通してくれるくらいはあるようです(^-^)
多肉がもう少し育ったらちょっとどうなるかわかりませんが…(汗)

Re: ゆりさん

きっとまたしばらーーーくブログの間だ開いちゃうと思って(サボるから)2話目うpの後に速効書きましたよー(笑)
でも実は大きい寄せ植えは窓際乗らなくてまだ和室の窓辺に…
奴らはグレて伸びてますよ。まるでスラム街です。

多分この部屋の窓も凍る…(汗)
棚と窓に少し隙間があるから、夜だけ防寒対策した方が良さそうです~‼
ゆりさんちの窓際も棚が厳しいのなら
ちょっと面倒かもですが夜だけ多肉どかすとかしたらきっと素晴らしいレッスン場に!!!(笑)

Re: Nay*さん

集合いたしました‼
しかしそれでも入りきらない子達は未だに和室!
奴らはギラついた目でこちらを睨み付けているかのようです。何とか日光に当ててご機嫌を直してもらわねば‼(笑

匠には本当に毎度お世話になっております。
取りかかるまでが時間かかるのですがやり始めたら早い、うちの優秀な大工でございますよ(笑)
ただでさえ出不精なのに部屋で多肉見れるから余計家から出ないという悪循環になっています(笑)
外でしっかり見られなかった紅葉が見られそうなのはすっごく嬉しいですが
でもほんというと、やっぱり外でちゃんと紅葉させてあげたかったなと思いますよ。
Nay*さんの環境が羨ましいです(^-^)

Re: にゃんこさん

ふっふっふ!私だって日がなモンハンばかりやってるのではないのだよ!!!ドヤァ!!

うちの大工さんはなかなかやり手なのです!!
私が作ったらダラダラやるのでおそらくこの棚1つに半日はかかかっていたでしょう!!
それを一時間足らずで…恐ろしい子…っ!!

虹の玉が震えて怯える和室の窓辺はホントに環境悪いようで
あっちゅう間に古紫さんがフレッシュグリーンになりそうな勢いだったのでさすがに私もプロジェクトの拡大を決断しましたよ(笑)

地獄のノックで土を撒き散らしながら青春の汗を流す多肉たちをお送りできればと!!思っておりますよ!!(笑)

Re: 花桃さん

ありがとうございます❗
頑張ってキレイに紅葉した多肉たちが見せられるよう多肉たちには頑張ってもらいましょう!(笑)

ぱねるひーてぃんぐですか!北国の強い味方ですね!
でも冬を暖かく過ごせるのなら涙をこらえて我慢…ですね(^_^;)

はたして地獄のレッスンに多肉たちは脱落者を出すことなく耐えきることができるか!?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。